補助サポ 補助金申請・助成金申請のマッチングサイト

補助金・助成金・その他の支援策を紹介 INTRODUCTION

雇用促進の助成金には、厚生労働省のキャリアアップ助成金、トライアル助成金、中途採用等支援助成金、働き方改革推進助成金、特定求職者雇用開発助成金、65歳超雇用推進助成金などがある。           

 

○キャリアアップ助成金

【概要】

有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(以下、「有期雇用労働者等」という。)の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成。キャリアアップ計画書を提出。

【主なコースと助成金額】 ※助成額は中小企業

正社員化コース有期雇用労働者を正社員化1人80万円
賃金規定等改定コース有期雇用労働者の賃金を3%以上の増額する規定改定5万円~/人 職務評価活用20万
賃金規定等共通化コース賃金規定等を新たに規定・適用1事業所あたり60万円
賞与・退職金制度導入コース有期雇用労働者等を対象に賞与・退職金制度 を導入1事業所あたり40万円

社会保険適用時処遇改善コース

※2023年10月新設

短時間労働者を新たに社会保険に適用した際に、手当等の処遇改善

・手当等支給メニュー

50万円/人

・労働時間延長メニュー

30万円/人

【参考サイト】 https://www.mhlw.go.jp/content/11910500/001249270.pdf

※2024/5/10現在

○トライアル雇用助成金

【概要】

職業経験の不足などから就職が困難な求職者等を原則3か月間試行雇用することにより、その適性や能力を見極め、期間の定めのない雇用への移行のきっかけを目的とした制度

【主なコースと助成金額】 

一般トライアルコーストライアル雇用(3ヶ月)月額最大4万円×3ヶ月
障害者トライアルコーストライアル雇用(6ヶ月)

月額最大8万円×3ヶ月

その後最大4万円×3ヶ月

【参考サイト】  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jigyounushi/page06_00002.html

         https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/shougai_trial.html

 

※2024/5/10現在

○早期再就職者支援等助成金

【概要】

中途採用拡大コースは、中途採用者の雇用管理制度を整備した上で中途採用の拡大を図る事業主に対して助成。UIJターンコースは、東京圏からの移住者を雇い入れた事業主に対し、その採用活動に要した経費の一部を助成。

採用活動に係る計画書を事業所の所在地を管轄する労働局に提出し、労働局長の認定を受ける。

【主なコースと助成金額】 R5年度から抜粋

中途採用拡大コース中途採用率を20ポイント以上上昇50万~100万円
UIJターンコース定められた採用活動を行ない、採用100万円  助成率1/2

【参考サイト】  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000160737_00001.html

         https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082805_00002.html

 

2024/5/10現在

○働き方改革推進支援助成金

【概要】

生産性を高めながら労働時間の縮減等に取り組む中小企業・小規模事業者や、傘下企業を支援する事業主団体に対して助成。中小企業における労働時間の設定の改善の促進が目的。

【主なコースと助成金額】 

労働時間短縮・年休促進支援コース

支給対象の取り組み設定と実施

成果目標の設定

 

対象経費¾ 100万~200万円

賃金引上げ加算 15万~480万円

勤務時間インターバル導入コース

対象経費¾  50万~120万円

賃金引上げ加算 15万~480万円

業種別課題対応コース

対象経費¾  50~250万円

賃金引上げ加算 15万~480万円

団体推進コース

支給対象の取り組み設定と実施

成果目標の設定(事業団体)

最大1000万円

【参考サイト】

   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120692.html

   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html

   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120692_00001.html

   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000200273.html 

 2024/5/10現在

○特定求職者雇用開発助成金 

【概要】

高年齢者や障害者、就職氷河期世代などの就職が特に困難な者の雇用機会の増大を図るため、これらの者をハローワークや民間の職業紹介事業者などの紹介により、継続して雇用する労働者として雇い入れる事業主に対して助成

【主なコースと助成金額】  ※助成額は中小企業

特定就職困難者コース継続雇用として雇い入れ

通算40万~240万円

(助成対象期間1~3年)

成長分野等人材確保・育成コース成長分野(デジタル、グリーン)の専門的業務社員として雇い入れ

通算60万~360万円

(助成対象期間1~3年)

発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース発達障害者や難病患者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用

通算80万~120万円

(助成対象期間2年)

就職氷河期世代安定雇用実現コース就職氷河期に正規雇用の機会を逃した人を継続雇用として雇い入れ

通算60万円

半期30万円×2

生活保護受給者等雇用開発コース生活保護受給者や生活困窮者を継続して雇用

40万~60万円

半期20~30万円×2

【参考サイト】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html

2024/5/10現在

 

○65歳超雇用推進助成金

【概要】

生涯現役社会の実現に向けて、65歳以上への定年引上げ等や高年齢者の雇用管理制度の整備等、高年齢の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換した事業主に対して助成コースによって就業規則等の整備、「雇用管理整備計画書」の提出・認定、「無期雇用転換計画書」の提出・認定が必要となる。

【主なコースと助成金額】 ※助成額は中小企業

65歳超継続雇用促進コース65歳以上への定年引上げ等の整備と実施15万~160万円
高年齢者評価制度等雇用管理改善コース高年齢者向けの雇用管理制度の整備等に係る措置の実施

経費助成 50万円

助成率  45~60%

高年齢者無期雇用転換コース50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用に転換

30万円/人

1事業所 10人まで

【参考サイト】  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000139692.html

2024/5/10現在

 

助成金制度は、申請時期によって内容変更や受付停止となることがあります。

申請においては、交付要綱・交付要領等の確認をお願いします。

 

 

 

公開範囲 公開日時 コメント可能範囲
一般公開 書込不可